当前位置 首页 日韩动漫 《Sonny Boy》

Sonny Boy8.0

类型:科幻 动画 日本动漫  日本  2021 

主演:市川苍 大西沙织 悠木碧 小林千晃 

导演:夏目真悟 

剧情简介

《Sonny Boy》 - sonny boy 在线少年少女たちの新たな漂流物語が始まる―。◤STAFF◢監督・脚本:夏目真悟キャラクター原案:江口寿史アニメーション制作:マッドハウスキャラクターデザイン:久貝典史美術監督:藤野真里(スタジオPablo)色彩設計:橋本賢撮影監督:伏原あかね編集:木村佳史子音響監督:はたしょう二主題歌:銀杏BOYZ「少年少女」◤INTRODUCTION◢誰もいない空っぽの教室、退屈な日々。それはいつもと変わらない夏休みのはずだった。突如、異次元を漂流し始めた学校と、そこに取り残され、超能力に目覚めた36人の少年少女。なぜ?どうして?……次々と浮かぶ疑問の渦の中、理不尽に満ちた世界でのサバイバル生活が始まりを告げる。世界的な大ヒットアニメ「ワンパンマン」の監督・夏目真悟と『サマーウォーズ』「DEATHNOTE」などを手掛けるアニメスタジオ・マッドハウスが贈る、青春SFサバイバル群像劇。再びタッグを組む両者だからこそ生み出せた、エッジの効いたビジュアルとユニークな世界観も、本作の魅力のひとつだ。またキャラクター原案として、マンガ家&イラストレーターとしてジャンルレスに活動を続け、多くの人々を魅了する江口寿史が参加。突如として、平穏な日常から放り出されてしまった少年少女たちの表情を、繊細に鮮烈に描き出してみせる。そして、本作の主題歌を銀杏BOYZが担当しているのも注目のポイントだろう。銀杏BOYZといえば、青春の痛みをヒリつくサウンドに乗せて、多くのファンを熱狂させてきたロックバンド。2005年にリリースしたアルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」では、ジャケットイラストに江口寿史を起用したことでも話題を呼んだ。今回の主題歌「少年少女」では、子供と大人の間で揺れ動く思春期という青い季節を鮮やかなメロディラインで描き出し、「SonnyBoy」の世界観とも強く共振してみせる。ノイジーな音響の中を疾走する、ボーカル・峯田和伸の歌声も印象的だ。「少年少女」たちがたどり着くのは地獄か、それともユートピアか。忘れられない「夏」が幕を開ける。◤STORY◢長い長い夏休みも半ばを過ぎた8月16日。学校に集まっていた中学3年生・長良〈ながら〉たちは突然、思いも寄らない事態に巻き込まれていた。長良自身はもちろんのこと、謎の転校生・希〈のぞみ〉や瑞穂〈みずほ〉、朝風〈あさかぜ〉ら、36人のクラスメイトとともに、学校が異次元に漂流してしまったのだ。しかも彼らは、漂流と同時にさまざまな《能力》を入手。人知を越えた能力に大喜びし、好き勝手に暴れ回る者もいれば、リーダーとして他の生徒たちを統率しようとする者も、元の世界に戻るための方法を必死で探す者もいる。渦巻く不信や抑えきれない嫉妬、そして支配欲からくる対立。次々と巻き起こる不可解な事態を前に、少年少女たちは突如として、サバイバル生活に放り込まれてしまう。果たして長良たちはこの世界を攻略し、無事に元の世界に帰ることができるのだろうか……?

猜你喜欢

I was telling my boy Sonny ...

【答案】【小题1】C【小题2】D【小题3】B【小题4】D【答案解析】试题分析:文章大意:父亲本想通过龟兔赛跑的故事教育儿子,但是最终却没能说服自己的儿子,因为儿子说的也很有道理。【小题1】细节理解题。从文章的内容和第一段的句子:Don’tyouthinkthere’ssomethingtolearnfromthetortoise?”可知作者和儿子争论是因为他想教儿子故事中的寓意,但是儿子拒绝了。故C正确。【小题2】细节理解题。从文章第六段的句子:Sonnythoughtawhile.“That’salie,”hesaid.“Hewonitbecausehewaslucky.可知乌龟赢得比赛完全是出于幸运。故D正确。【小题3】推理判断题。根据文章第二段DoyoumeannexttimewhenI’menteringforthe60-metreraceIshouldwishthatBilly,TonyandSandywouldallfallasleephalfway?可知索尼以前肯定和这三个人进行过赛跑比赛。故B正确。【小题4】推理判断题。从文章的内容:可知作者想教儿子故事中的寓意,但是儿子拒绝了,从和儿子的辩论中,作者了解到他这一代人和Sonny这一代对于人生有不同的看法,可知是Sonny的父亲最后得到一个教训。故D项正确。考点:考查故事类短文阅读



为什么没口琴歌手?

你吹口琴的时候唱歌了么?吹唱技术

影片评论



Copyright © 2008-2018